変色した香水の使い道

香水が変色する原因と長持ちさせるコツ

もしもお気に入りの香水が変色してしまったらとてもショックですよね。直射日光や蛍光灯の明かりに長時間当ててしまったり、香水を空気に触れさせてしまうとアルコールが揮発し濃縮するため色が濃くなってしまいます。

 

他にも着色料を使った香水は色が落ちてしまったり、天然香料による澱(おり)が浮くなど香水の変色・劣化の原因は様々です。

 

香水を長持ちさせるには少量をその都度アトマイザーに移し変え、ボトルは冷暗所に保管して置くと変色しづらく劣化が抑えられます。

 

変色した香水の使い道

たとえ使用していた香水が変色し、肌に使用するのがためらわれる場合でも捨てずに色々な方法で有効活用してみましょう。

お風呂に2,3滴入れてみる

湯気で温められて良い香りが広がります

 

トイレットペーパーの芯につける

ペーパーを引くたびに程よく香ります

 

扇子の紙の部分につける

扇ぐたびに香りが風にのります

 

持ち物や寝具などにしのばせる

好きな香りに囲まれてリラックス
※直接スプレーする場合はシミになってもかまわない所で試して下さい

 

はがきや付箋や名刺などに香りをつける

オシャレなツールになります

 

この他にも自分だけの使い方を考えてみても楽しいですね。

スポンサーリンク


ホーム 人気ランキング つけ方 つける位置 用語集